カーテンの選び方を知る|インテリアを楽しもう!

このエントリーをはてなブックマークに追加

フランス風のインテリア

インテリア

文化によってさまざまなインテリアがあるのですが、最近の日本はフランスのインテリアを真似ている人が多くなっています。フランスのインテリアは独特で清潔感があり大変オシャレとなっています。フランスのインテリアのことをフレンチカントリーと言うようです。フレンチカントリーをするには内装などを大きく変えなくてはならないのですが、最新の技術でフレンチカントリーっぽくすることはできます。まずは部屋のベースを白くすることから始まります。部屋にもよりますが基本的に日本の住宅は壁紙や天井が白くなっていることがほとんどです。ベースが白になっているのであれば、次はメインカラーとなる黄色や青を取り揃えるといいです。また、薄いピンク色も混ぜてみるといいかもしれません。メインカラーは壁紙などに取り入れてもいいのですが、張り替えるには室内工事などの大掛かりな作業になるのであまりおすすめできません。安い費用で抑えたりするなら色付きの家具を購入すると良いでしょう。家具なら日常生活で頻繁に使いますし、インテリアとして購入しても後悔しにくいです。家具のデザインに関しては丸みや装飾などが施されているタイプのほうがフレンチカントリーっぽくなります。家具の種類が多くてどれにしようか迷ってしまったときは、口コミや評判などを参考にするという方法もあります。実際に購入して使用している人の感想であればかなり参考になります。調べる時間がないときは評判だけでもいいようです。